お手続きの流れ

初期設定方法

個人型確定拠出年金の加入手続き等が完了しましたら、初期設定としてアカウント登録をおこなってください。
初期設定をおこなうことで、年金資産の記録管理機関をおこなっている日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社(JIS&T社)の年金情報が連携され、楽天証券ウェブログイン後画面で確認できるようになります。

STEP1

楽天証券ウェブログイン後の「確定拠出年金」タブをクリックしてください。

STEP2

JIS&T社から送付される「口座開設のお知らせ」、「パスワード設定のお知らせ」をもとに、口座番号(加入者口座番号)とインターネットパスワードを登録してください。

  • 運営管理機関変更をされた方は引き続き配分指定を設定してください。
  • 楽天証券の口座をお持ちでない方はJIS&T社のウェブページにログインすることで、確定拠出年金の資産状況や登録情報を管理いただけます。

掛金の配分指定・変更方法

配分指定手順

拠出した掛金の配分指定の登録・変更方法です。
毎月拠出される掛金を原資として、指定した配分比率に応じたファンド等の買付がおこなわれます。

STEP1

初回配分指定および配分指定の変更をおこなうには、楽天証券ウェブログイン後の「確定拠出年金」>「注文」をクリックし、「掛金の配分変更」を選択してください。

STEP2

配分したい割合を指定し、「申込確認」をクリックしてください。

STEP3

入力内容を確認し、よろしければ「はい」をクリックしてください。

  • 楽天証券口座をお持ちでない方は、JIS&T社サイトにログインし、配当指定をおこなってください。
  • 配分指定は、掛金引落日(毎月26日。土・日・祝日の場合は翌営業日)から9営業日後の午後5時30分までに入力されると、当月の買付となります。それ以降の入力については翌月の掛金引落からの買付となります。
例:2016年10月の掛金の配分指定する場合

掛金の拠出(引落)日の2016年10月26日(水)の9営業日後である11月8日(金)17:30までに配分指定をすると、10月分の拠出金で商品買付日がおこなわれる11月16日(水)に、新たに指定された配分で商品の買付がおこなわれます。

保有商品の入替(スイッチング)方法

運用中の保有商品の一部または全部を売却し、ほかの商品に入れ替える(スイッチング)ことができます。
なお、スイッチングでは今後の掛金で購入する商品は変わりません。

  • 預金は明細ごと、投資信託は口数で売却指定することができます。(金額での指定はできません)
  • スイッチング申込時には、売却金額および購入金額は確定していません。
  • スイッチングは必ず「売却」と「購入」をセットで申し込むことになります。
    手続きの途中で購入商品のキャンセル・変更はできません。
  • 売却日と購入日はことなるため、スイッチング完了まで所定の日数がかかります。

保有商品の入替(スイッチング)手順

STEP1

楽天証券ウェブログイン後の「確定拠出年金」>「注文」をクリックし、「保有商品の入替」を選択してください。(JIS&T社の画面に連携されます)

STEP2

①売却したい商品を選択し、数量を選択してください。
(投資信託は金額指定ではなく、口数指定での売却となります)
②売却する商品と入れ替え対象となる購入したい商品を選択し、「申込確認」をクリックしてください。

STEP3

内容を確認し、「はい」をクリックしてください。

  • 楽天証券口座をお持ちでない方は、JIS&T社サイトにログインし、保有商品の入替をおこなってください。

給付金の受取手続き

老齢給付金等を受け取るには、運営管理機関への給付請求が必要となります。
確定拠出年金ダイヤルにお電話ください。

わからないことはお気軽に確定拠出年金専用ダイヤルへ

確定拠出年金に関するお問い合わせ先

0120-545-401

携帯・PHS・050で始まるIP電話からは03-6739-1363 / 0570-000-401(通話料有料)
受付時間:午前8時~午後7時(土日祝日・年末年始を除く)

拠出する掛金額等の変更方法

毎月の拠出掛金額や引落金融機関の変更は、国民年金基金連合会へ書面提出での手続きとなります。
確定拠出年金ダイヤルにお電話いただき、該当する書面を請求してください。

手続きが必要となるケース 提出書類名
掛金の引落金融機関の変更 ①加入者掛金引落機関変更届
②預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書
毎月の拠出金額の変更 加入者掛金額変更届
同一事業所内で掛金の納付方法を変更
(個人払込みから企業払込みへの変更)
加入者掛金納付方法変更届 兼 事業所登録申請書
同一事業所内で掛金の納付方法を変更
(企業払込みから個人払込みへの変更)
①加入者掛金納付方法変更届 兼 事業所登録申請書
②預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書
掛金の拠出の停止 加入者資格喪失届

その他 各種変更手続き

変更内容により、手続き方法がことなります。

書面での手続き

以下の変更については書面での手続きが必要となります。
確定拠出年金ダイヤルにお電話いただき、該当する書面を請求してください。

住所・氏名の変更

手続きが必要となるケース 提出書類名
氏名の変更 ①加入者等氏名・住所変更届
②加入者掛金引落機関変更届
③預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書
住所の変更 加入者等氏名・住所変更届

加入資格の変更

手続きが変更となるケース(例) 提出書類名
事業主払込で拠出している第2号加入者が
第1号/第3号加入者になった場合
  • 加入者掛金引落機関変更届
  • 加入者被保険者種別変更届
第1号/第3号被保険者が第2号被保険者に
なり初めて事業主払込となった場合
  • 登録事業所掛金引落機関情報登録・変更届
  • 事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書
  • 加入者被保険者種別変更届
第1号/第3号被保険者が第2号(共済組合員)被保険者に
なり初めて事業主払込となった場合
  • 登録事業所掛金引落機関情報登録・変更届
  • 第2号加入者に係る事業主の証明書(共済組合員用)
  • 加入者被保険者種別変更届
登録事業所を変更する場合
  • 加入登録事業所変更届

その他の変更

手続きが必要となるケース 提出書類名
個人型年金加入確認通知書の再発行 個人型年金加入確認通知書再発行申請書
小規模企業共済等掛金払込証明書の再発行 小規模企業共済等掛金払込証明書再交付申請書