メニュー

商品の選び方

自分にあう商品選びむずかしいですよね?そこで経済研究所の篠田さんに、年代、職業、ライフイベント別にあう資産運用方法を教えてもらいました。初心者さん必見です!

元本確保型?元本変動型?
iDeCoの商品選びは、資産配分のバランスがポイントです!

確定拠出年金の運用成果は資産配分によって決まるといわれていますが、その組み方は無数にあります。年代やライフステージによってリスク・リターンのバランスを考え、その時の自分にあう資産配分を組むとよいでしょう。ステップ順にイメージを膨らませてみましょう。

STEP1まずは、自分のライフイベントにあわせて運用目的をイメージしよう

20代独身男性
会社員の方は

20代は「資産形成」の土台作り!

20代は、自由に使えるお金が多く、年金受給開始まで30年以上と十分な年数があります。為替や価格変動のリスクを取りすぎないよう配慮しながら、まずは資産形成のための土台を作りましょう。限度額いっぱいまで拠出した方がより高い節税効果を得られますが、難しい場合は、無理のない範囲で拠出を始めて、後から増額を検討しても良いでしょう。

30代夫婦子なし
夫婦共に会社員の方は

30代はしっかり殖やすことを意識

30代は、一般的に想定されるライフイベントが多い年代ですが、20代よりも手取りの給料が増える分、限度額いっぱいまで拠出し、しっかり「殖やす」ことを意識しましょう。年金受給開始までの年数もまだ十分にあり、最もリスクを取ることができる年代のため、株式や海外資産の割合を高く保ち、積極的な運用を行った方が良いでしょう。

40代夫婦子あり
会社員&専業主婦の方は

40代は配分変更・保有商品の入れ替えで調整を

40代は、住宅購入や子どもの教育資金等、まとまった支出が増えると同時に、定年までの働き方や老後の暮らし方について考え始める年代でもあります。運用状況に敏感に反応してしまいがちですが、年金資産が目減りしたとしても、掛金は減らさず、組み入れる投資信託を入れ替えて対応しましょう。30代よりも国内資産の割合を高くして、為替リスクを抑えた運用を意識します。

50代夫婦
自営業の方は

50代は少しずつ守りの資産運用へ

50代は、まだ支出の多い時期もありますが、セカンドライフに備えて少しずつ「守り」の資産運用へ舵を切ることを意識しましょう。値動きの大きい株式や、為替リスクのある海外資産の割合を抑える一方、債券や国内資産の割合を高めに保つようにします。毎月の掛金は上限いっぱいを維持しながらも、運用先の一部を預金に回すことで運用資産全体のリスクを低減させます。

20代は「資産形成」の土台作り!

20代は、自由に使えるお金が多く、年金受給開始まで30年以上と十分な年数があります。為替や価格変動のリスクを取りすぎないよう配慮しながら、まずは資産形成のための土台を作りましょう。限度額いっぱいまで拠出した方がより高い節税効果を得られますが、難しい場合は、無理のない範囲で拠出を始めて、後から増額を検討しても良いでしょう。

STEP2次に、商品ごとのリスク・リターンを理解しよう

投資信託は、リスク(=値動きの幅)が小さい順に、①債券、②リート(不動産)、③株式と、大きく3つのタイプに分けることができます。一般的に、取ったリスクが大きいほど期待できるリターンは大きく、また、国内資産に投資するタイプよりも為替変動を伴う海外資産の方がリスク・リターンともに大きくなる傾向があります。

STEP3最後に、資産配分を決めよう

20~30代では、株式や海外資産の割合を高く保ち、積極的な運用を行った方が良いでしょう。
40代では、国内資産の割合を高くして、為替リスクを抑えた運用を意識します。
50代では、値動きの大きい株式や、為替リスクのある海外資産の割合を抑える一方、債券や国内資産の割合を高めに保つようにします。

20代独身男性
会社員の方は

30代夫婦子なし
夫婦ともに会社員の方は

40代夫婦子あり
会社員&専業主婦の方は

50代夫婦
自営業の方は

楽天証券の商品は幅広いラインアップ!さまざまな運用方針に対応できます

楽天証券ではファンドアナリストが厳選した低コスト・好運用実績の投資信託を中心に、幅広い商品を取り揃えています。
投資対象は国内・海外の株式や債券だけでなく、話題のREIT(リート)や金に投資するタイプまで多種多様です。

メニュー

携帯・PHS・050で始まるIP電話からは
03-6739-1363 /
0570-000-401(通話料有料)

受付時間:
【平日】午前10時~午後7時(月~金、但し祝日を除く)
     【土曜日】午前9時~午後5時

※お問合せの際は、電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようお願い申し上げます。

ウェブから問い合わせる

iDeCo(個人型確定拠出年金)
申込書請求はこちら