確定拠出年金とは

確定拠出年金とは、毎月決まった額を積み立てて、その資金を自分で運用しながら老後の備えをする公的制度です。国民年金、厚生年金と組み合わせることで、豊かな老後生活に向けた資産形成が可能になります。さらにこの制度では様々な税制優遇が受けられ、確定拠出年金制度で運用した際の運用益が非課税になるだけでなく、所得税、住民税の控除などを受けることも可能です。

年金制度の概要

日本の年金制度は、公的年金、企業年金等が図のように組み合わされた構造になっています。
確定拠出年金は公的年金(国民年金、厚生年金保険)に上乗せする制度です。

加入対象者と拠出限度額

個人型確定拠出年金には、加入できる方がきまっています。また加入時に毎月拠出できる金額に限度額があります。

3つの税制メリット

確定拠出年金の目的は老後資金を作ること。それに加えて注目すべきは様々な税制優遇を受けられる点です。

1「所得税」と「住民税」に節税効果!

確定拠出年金(個人型)は全額が所得控除となります。例えば、年276,000円(月23,000円)を支払っていたら、276,000円の全額が所得控除され、結果として所得税・住民税の負担が減ります。

課税所得500万円の会社員の場合

所得税率は年収によって異なりますので、課税所得500万円の人を 例にどれだけの節税メリットがあるか考えて見ましょう。

毎月2万円を確定拠出年金で積立したとすると年間24万円が全額所得控除となり72,000円もの節税となります。

※所得税率20%、住民税10%で算出 ※課税所得=給与収入-社会保険料控除と基礎控除等その他控除額の合計額

2資産を運用して利益が出た ⇒ 税金0%

確定拠出年金口座内の売買で得られた売却益、利息や配当等は全額非課税になります。(通常は税率20.315%)

3受け取るときも税制優遇が受けられます。

確定拠出年金の給付金を一時金として受け取る場合は「退職所得控除」、年金として受け取る場合は「公的年金控除」が受けられます。

ここに注意!

1確定拠出年金は原則60歳まで引出せません!

老後の生活資金として様々な税制優遇措置のある確定拠出年金の資金は60歳になるまで引き出せませんのでご注意ください。

2加入時期によっては60歳では受給できない場合があります。

給付金の受給開始年齢は、加入される年齢によって異なります。