メニュー

勤務先ご担当者さまへ
加入手続き・書類の記入方法について

2017年1月に個人型確定拠出年金制度が改正され、企業年金(厚生年金基金、確定拠出年金、確定給付年金)がある企業にお勤めの方にも加入対象が広がり、制度上どなたでも加入できるようになりました。

従業員の方が個人型確定拠出年金(iDeCo)へ加入されるにあたり、確定拠出年金法令により事業主さまに加入資格の可否をご確認いただく必要があります。
ご担当者さまには以下のご対応をお願いいたします。

STEP1個人型確定拠出年金制度への加入可否を、従業員の方にお伝えください

  • 企業型確定拠出年金を導入している企業の場合、個人型確定拠出年金に加入できることが企業型の規約に定められている場合のみ、個人型に加入できます。

STEP2<加入可能な場合>
書類をご記入いただき、従業員の方にお渡しください

3枚目の事業主控え(共済組合員用は2枚目)は必ず切り取ってお手元に保管してください。

  • ご加入の制度の選択間違いが多く発生しております。ご確認のうえご記入ください。
    (企業型確定拠出年金と確定給付企業年金の間違いなどが多くございます。)

書類の記入例

勤務先ご担当者さま
下記赤枠内のご注意事項をお読みいただき、ご記入をお願いいたします。

ご注意事項

  • 事業所名称等にゴム印をご利用の場合は、2・3枚目にも鮮明に捺印してください。
  • 必ず社印を捺印してください。
  • 連合会への「登録事業所番号」が不明な場合は、空欄でも結構です。共済組合の方は、事前に連合会への事業所登録が必須です。
  • 3枚目の事業主控え(共済組合員用は2枚目)は必ず切り取ってお手元に保管してください。
  • 訂正する場合は、訂正部分を二重線で抹消し、訂正印(社印)を捺印してください。

第2号被保険者の方が個人型確定拠出年金に加入する際に必ず提出いただく書類です

  • 加入申出者本人が記入・捺印してください。「事業主払込」を希望される場合は掛金額を記入してください。
    「個人払込」を希望される場合は掛金額は記入不要です。印鑑を忘れずに捺印してください。(1~3枚目)
  • 事業所名称等にゴム印をご利用の場合は、2・3枚目にも鮮明に捺印してください。社印を忘れずに捺印してください。
  • 「3.事業主の署名および押印等」と「4.申出者を利用している厚生年金適用事業所の住所・名称等」が異なる場合のみ記入してください。
  • 「登録事業所番号」が、登録されているかが不明な場合は、いずれの登録もない、もしくはわからないを選択してください。
  • 事業主さまが希望する掛金の納付方法を記入してください。
  • 該当する項目がある場合のみ記入してください。

第2号被保険者(共済組合員)の方が個人型確定拠出年金に加入する際に必ず提出いただく書類です

  • 加入申出者本人が記入・捺印してください。印鑑を忘れずに捺印してください。(1・2枚目)
  • 事業主名称等にゴム印をご利用の場合は、2枚目にも鮮明に捺印してください。社印を忘れずに捺印してください。
  • 「3.事業主の署名および押印等」と「4.国民年金基金連合会に登録する(している)名称・住所等」が異なる場合のみ記入してください。
  • 事業主さまが希望する掛金の納付方法を記入してください。

注意事項

  • 記入内容を訂正する場合は訂正箇所に応じた訂正印を捺印してください。
    項目1 ⇒ 加入申出者ご本人の訂正印
    項目2以降 ⇒ 事業主の訂正印
  • 「事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書」は複写書類です。書面右上に「事業主控え」と記載のある用紙は事業主が保管してください。「事業主控え」以外は加入者ご本人にお戻しください。
  • 事業所登録を行うと事業主あて「事業主の手引き」とともに「事業所登録通知書」が国民年金基金連合会から送付されます。登録事業所になると加入者である従業員について個人型年金に加入できる資格に変動がないか、年1回現況届を国民年金基金連合会に提出する必要があります。
メニュー

携帯・PHS・050で始まるIP電話からは
03-6739-1363 /
0570-000-401(通話料有料)

受付時間:
【平日】午前10時~午後7時(月~金、但し祝日を除く)
     【土曜日】午前9時~午後5時

※お問合せの際は、電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようお願い申し上げます。

ウェブから問い合わせる