指定運用方法

このページのポイント

  • 確定拠出年金法等の一部を改正する法律が2018年5月1日に施行され、「指定運用方法」の適用が開始されました。
  • iDeCo口座開設後、配分指定をされないまま約4ヶ月経過すると楽天証券の提示する指定運用方法で運用が開始されます。

指定運用方法とは

「指定運用方法」とは、加入者が掛金の投資配分を指定しない場合に組み入れられる商品のことです。

楽天証券の提示する指定運用方法

【商 品 名】 楽天・インデックス・バランス(DC年金)
【商品番号】032
【委託会社】 楽天投信投資顧問
【特徴】
1.日本を含む全世界の株式および投資適格債券に分散投資します。
2.各市場の代表的な指数に連動する外国投資信託を主要投資対象とします。
3.各資産の基本配分は、株式15%、債券85%とします。

  • 商品の特徴・概要・詳細につきましては、冊子「イマカラ」22ページ、もしくは弊社確定拠出年金(iDeCo)ページの取扱商品一覧をご覧ください。

【選定理由】
長期の運用では、物価上昇や景気悪化といった局面が起こることも想定され、多くの加入者のベースとなる運用商品にはリターンの安定性とコストの低さが求められます。
世界各国の株と債券に広く分散投資し、コストも十分低く設定されており、本ファンドは長期の運用商品としてふさわしいと考えます。

【運用管理費用(信託報酬)】

運用管理報酬(信託報酬)の配分 委託会社 年0.0220%(税込)
販売会社 年0.0220%(税込)
受託会社 年0.0220%(税込)
投資対象とする投資信託証券における報酬 年0.10%程度
実質に負担する運用管理費用 年0.163%(税込)程度

指定運用方法適用スケジュール

ご自身で掛金の資産配分を指定されなかった場合

ご資金の初回掛金拠出日から約4か月経過しても、ご自身で配分指定をされていない方は、以下『楽天・インデックス・バランス(DC年金)』で年金資金が運用されます。

企業型確定拠出年金等から移換で、「移換時配分指定書」による配分指定が無い場合

  • 掛金の配分を指定された方
    移換資産についても掛金の配分割合で運用が開始されます。
  • 掛金の配分を指定されていない方
    配分を指定しないまま約4ヵ月を経過すると、指定運用方法にて運用が開始されます。

掛金の配分指定についてはこちら >

iDeCoの概要や申込方法、諸変更の手続き方法について24時間ご案内いたします! AIチャットボットに質問してみる